純正インクと非純正

インクジェットプリンターを使用していると一度は耳にしたことがあるであろう、非純正インク、互換インクとも呼ばれていますが、純正インクと非純正インクにはどのような違いがあるのでしょうか。
一番の違いは、純正インクはそのメーカーのプリンターの為だけにあらゆる研究を行われて作られているということです。
ですから、純正インクはそのメーカーのプリンターで使用すればこそ、最高のパフォーマンスを発揮できるのです。
また、プリンターメーカーはプリンター本体よりもインクで稼ぐというビジネスモデルを構築していることから、インクカートリッジにICチップをつけるなどして、非純正インクをなるべく使用できないようにしているのです。

一方、非純正インクの場合は様々な会社が多くのメーカー向けに作っており、そのメーカー専用のインクというわけではないため、会社によって印刷した際の色味が違うという現象が起きるのです。
その他にも、トラブルとしては、インク漏れが起きる、プリンターがカートリッジを認識しなくなる、ヘッドクリーニングの回数が多くなる、消耗が早いなど、様々なトラブルが起きる可能性が高いのです。
非純正インクの方が、コストパフォーマンスが良いという理由で非純正インクを使用している方も多いのですが、実際のところはどちらがお得かは微妙なところではないでしょうか。
そんな純正インクVS非純正インクですが、印刷時の品質について比較してみましょう。

Copyright © 2014 非純正インクは色褪せる!? All Rights Reserved.